第5回 こども食堂

前日までのグズついた天気が一転、子ども食堂開催日はスッキリとした良いお天気でした。
遊び盛りの子供たちを、部屋の中に閉じ込めずに済んで一安心。
会場では、子供たちが来るまでに住職夫妻が仲睦まじくミーティングをしておりました。
今後の展望や、スケジュールなどなど。
真摯に向かい合ってる様子に、こちらの気も引き締まります。
今日は、宿題(算数、理科)を持ってきている女の子たちがいました。奥さんが和やかに見守ります。
学生さんも加わって終了間近、お友達と住職も加わって何だか盛り上がっています。(宿題は、無事終了しました)
その後は、希望者でこども食堂の看板作り。
色を塗ったり、絵を描いたり、おしゃべりも控え目で、夢中になっています。仕上がりが楽しみです。
昼食の前に、住職からちよっとしたお話。
先日住職が訪ねたミャンマーの孤児院はキリスト教で、食事の前にはお祈りをするそうです。
ご飯を食べると言う事は、実はたくさんの人達の労力と時間が必要な大仕事。
その事に、少しでも気付いてくれたら良いですね。
改めて、調理のボランティアさんに感謝の拍手をしました。
これまでは、いろいろな食事の挨拶(卒園した幼稚園で行なっていたもの)を子どもたちがしてくれましたが、今回は、住職の提案。
「いってきの水にも天地のめぐみを感じ、ひと粒の米にも万民の苦労を思い〜」
…ちょっと難しい。でも、子どもたち大きな声で合唱していました。
いただきまーす!
みんなで食べるご飯は美味しいね。
お兄さんお姉さんが、空いてる席を探すと、「ここ!ここ!」と指差す子どもたちの可愛らしいさ!
「唐揚げいる人!」と声が掛かれば、ハイ!と、大きな声とともに手が上がります。
今日の献立は、素麺入のおすまし、野菜チラシ寿司、唐揚げ、さくらんぼ。
ジットリと暑いこの時期に、サッパリとして食欲そそる献立でした。

石手寺さんのこども食堂

石手寺のこども仕合せ堂にて、開催されるこども食堂の情報についてお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000